老人力

研ちゃんこと高井研一郎さんは今年78歳で、なお現役の漫画家。 原作の林律雄さんとのコンビでビッグコミックに連載中の「総務部総務課 山口六平太」は、なんと一度の休載もなく、ついに700回という快記録を達成。 そのお祝いのパーティが先日、研ちゃん行きつけのお店で開かれたのであります。 一言で言って、実に素敵な会でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積丹ブルー

北海道の左側に突き出た半島。 積丹と書いて「しゃこたん」と読みます。 アイヌの人の言葉で、「夏に住む場所というのだそうです」とは、地元のタクシー運転手さんから教わった知識。 言葉の通り、夏場のウニをはじめとした海産物の豊富さといったら、想像を超えたすばらしさ。 そこを、一周してきました。 その海の色を積丹ブルーと呼ぶのだそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前科者の集まり

友達のYくんはゴルフと山登りが趣味。 大学時代はワンゲル部。 M物産で活躍していたサラリーマン時代は週末といえばゴルフ。 そして いよいよリタイアして趣味三昧の日々に突入しようとしていたころ 舌ガンを患った。 医者は、手術するしかないと宣告した。 だが、そうすると、しゃべることを奪われてしまう。 情報を集め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トモダチを思う心

私の数少ない友達のひとりであるボナ植木さん(「ナポレオンズのいい男のほう」本人談)は、ブログで「先月は9勝した」とか、「今月も早くも1勝挙げた」などと吹聴している。 ようするに、酒を抜いた日を勝利数としてカウントしているのだ。 しかも最近は、その勝率がメキメキ上昇している。 トモダチとして、これを励まさずにはいられない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きれいなお姉さんは好きですか?

6月11日は姉の誕生日。 なぜか勘ちがいした私は、先週の4日におめでとうメールを送ってしまった(汗)。 姉は昔から中々の美人で、同じ学校に通っていた私はそのおかげで、何かと男子たちからちやほやされたものである。 「あん」という映画を見た。 新宿武蔵野館。 小さな劇場だったせいもあるが、ほぼ満席。 とっても自然な時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イビキで検査入院

私は毎晩、イビキがひどいらしい。 本人は分からないが、家人には長年苦労をかけてきたようで、いよいよこのままではいかんと思い、今夜とある耳鼻科に一泊することにしました。 睡眠時無呼吸症候群とか、そういうことになっているかもしれないので、その検査のためです。 夕食を済ませ、6時半ごろ病院に行き、あとはいろいろ検査器具を装着されて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅のつづき

光陰矢のごとし。少年老いやすくブログ更新なりがたし。 いやぁ、いわきの旅から早くも1週間が経過しているなんて。 なんだか前回が中途半端なまま終わっているので、一応続きをご報告すれば、翌日曜は吉永小百合さんにそそのかされて、「大人になったらしたいこと」をしに、一駅隣(内郷)にある白水阿弥陀堂を訪れました。 平泉の藤原氏か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴瓶噺

ネットで鶴瓶噺(世田谷で開催分)のチケットを申し込んだが、あえなく抽選で破れ。 それなら、あまり遠くない地方都市での公演にトライしてみようと申し込んでみたところ、5月9日開催のチケットがゲットできました。 開催地は・・・福島県いわき市。 それなら、いっそ鶴瓶噺を聞きに行くついでに、いわき周辺二泊三日の旅をしてみようと出かけました。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さよならゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが終わったらしい。 でも、ずっと東京で地味に仕事していた私にとっては、相変わらずの日常が続いているだけ。 毎朝、NHKの「まれ」を見た後、近くのファミレスに行ってコツコツ原稿書いて。 ランチをしたあと一度自宅に戻って、TBSラジオの「たまむすび」を聞きながら昼寝して。 2時ごろからまた、別のファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エイプリールフール

ねづっちが解散した。 エイプリールフールだが、本当の話だ。 クマムシも解散した。 エイプリールフールなのでウソの話だけど、さ来年あたり本当になりそうだ。 ところで、ガラッと話題は変わるけど 最近は「寄付金」に関する税制がだいぶ改善されて たとえば屋久島環境文化財団に寄付をすると財団から領収書が発行される(寄付金は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

十二夜&さがみはら若手落語家選手権

この国の芝居は女子力で支えられている。 と、観劇にいくといつもそう思う。 それぐらい、見渡す限り客席は女子ばかり…。 先日、「十二夜」を観に日生劇場に行ったときも、そうだった。 あ、でも私の他にもうひとり…隣の隣の席に男性が。 どこかで見たことがあると思ったら、SMAPの草薙君じゃ、ありませんか。 それはともかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇画を継ぐ者

辰巳ヨシヒロさんの訃報が今朝の新聞に載っていた。 自らの作品を「劇画」と命名した初めての人だ。 のちに劇画とはさいとうたかを作品のような写実的な画風の漫画ととらえられるようになったが もともとは、他愛ない笑いやギャグをウリにした子供向け漫画と違い 人生の陰影や、哀歓や、どうしようもないやるせなさ等を 貸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ・ハニー・バレンタイン

私の中で洋画ベスト1は「恋のゆくえ」 ホテルのラウンジをドサ回りするピアノデュオの兄弟がいる。 でも、だんだん仕事が右肩下がりになっていく。 ピンチを打開するために、女性ボーカルを加えることにしたのだが、オーディションに来た歌手はみな、箸にも棒にもかからない。 あきらめかけたとき、時間は守らないしヤサグレ加減もハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茜霧島

焼酎と地鶏料理を売りにしているお店に、ふらりと立ち寄った。 すぐ後から、若いサラリーマンが入ってきた。 カウンターで隣同士。 話をしたりしなかったりの時間がしばらくすぎて やがて、彼が霧島酒造の営業マンだということを知る。 毎晩のように、あっちのお店、こっちのお店と歩いているそうだ(経費は会社がそれなりに負担してくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のほっこりリスト

ついに我慢しきれなくなった空から、雪がちらついてきましたね。 このところ、身も心も凍るような出来事だらけで『冬バテ』気味。 そんなタイミングに、ちょっとほっこりする寒中見舞をいただきました。 ナポレオンズさんから。 『ビートたけしが選ぶ「東京スポーツエンタメ賞」の特別芸能賞をいただきました…長くやってるといいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初落語は平林さん

私が借りてる駐車場は、値段だけは一人前だけどメンテナンスがさっぱりで、舗装もしてない凸凹地面で、雨なんか降ると水溜りがそこここにできる有様。 今朝見てみると、その水溜りが凍ってた! なんだか子ども時代によく見た風景だなと、メンテナンスの悪さに腹が立つ前に、懐かしい気分になってしまった。 閑話休題。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末年始

そうか。こんなとこに行ったのか。去年の暮れ。 目黒川の青の洞窟・・・。 なんだか、もう遠い思い出のかなたです。 あけましておめでとうございます。 さて年始はといえば、まことに日本人らしく奉納狂言から始まりました。 鬼瓦というタイトル。 所用で京へ上った男が、寺の鬼瓦を見て故郷の妻を思い出し、懐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイブですね~

昨夜、我が家の窓から見えた東京タワーは、赤と緑のクリスマスカラーでした。 まるでミニチュアのツリーみたいに小さくてかわいらしかった! ところで、パーゴルフで連載が始まった千里の旅・翔の道 新展開に突入しています! 是非ともお手にとってごらんください! さてさて、さらにもうひとつお知らせ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行き当たりばったり京都の旅

痔の薬と誘眠剤を処方してもらうために、掛かりつけの内科医に行ったのは11月下旬のこと。 なぜそこを掛かりつけにしているかというと、いつもガラガラで、待ち時間がほとんどないからだ。 ところが、その朝に限って10分15分と待たされたので、マガジンラックから週刊誌を取り出してページを広げてみた。 するとそこに、「アートアクアリウム城」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more